税理士がいれば税務調査も怖くない

個人事業主でも税理士と顧問契約を結んでいる人なら税務調査があっても怖くないですよね。
税理士が全面的にバックアップしてくれるので心強いですが、税理士がいない個人事業主は自分で対処するしかありません。
税務調査とは税務機関が納税者の申告内容が正しいかどうかをチェックすることで、もし間違っていたら是正を求める調査になります。
税務調査官が納税者やその取引先などに質問したり、税務調査権に基づいて帳簿書類を検査します。
税務調査がある場合には過去数年分の書類をまとめなければならないので、とても大変な作業になりますが、本業も行いながら税務調査の事もやらないといけないので大変です。
そんな時、税理士がいたらとっても助かると思いませんか?
個人事業主の場合には税理士はいらないと思っていても、やっぱりいた方がいいと思いますよ。
また税制の改正するため、税理士がいれば心配はいりません。
税理士がいなかったら新しい税金に関する法律を勉強しなければならないし、本業もやって法律の勉強をするのは大変です。
また、自分で経理も行っていると見落とす場合もあるので、税理士がいる方がメリットを得ることができます。